ガイドバー
TOP >ガイドバー(チェーンソー用)>ハードノーズ・バー(Solid Heard Nose Bar)
ハードノーズ・バー
チェーンソーの高いパフォーマンスを引き出すにはガイドバーが重要です。
ソーチェーンを効率的に少ない摩擦でガイドするため、ガイドバーには高い性能が求められます。
ガイドバー、スプロケットはできるだけ少ない出力ロスでエンジン出力を切断力に変換することが求められます。また、同時に歪むことなく過酷な使用条件にも耐えられるものでなくてはなりません。
さまざまな使用条件と用途に対応できる【ダイアトップ】のガイドバーは、ハードノーズ・バーと交換式スプロケットノーズ・バーとラミネート・スプロケットノーズ・バーの3種類に大別できます。

ハードノーズ・バー(HARD TIP) ・・・非常に強い特殊鋼の一枚板の先端部は超硬合金溶接構造の(HARD TIP) になっています。堅い木材の切断など厳しい条件下での使用に適しています。

交換式スプロケットノーズ・バー(STAR TIP) ・・・ 非常に強い特殊鋼の一枚板の先端部に交換可能なスプロケットノーズ(TOUGH TIP)を取付け、ソーチェーンをスムーズにガイドして、摩擦によるロスを最小限にしています。

ラミネート・スプロケットノーズ・バー(TOUGH TIP) ・・・ ボディーは3枚の鋼板を溶接で貼り合わたラミネート構造、先端部にはスプロケットノーズ(STAR TIP)を有する構造です。
ハードノーズ(Solid Heard Nose Bar)
種類
スタンダード(STANDARD) 
最高級合金工具鋼SKS-51を母材に使用し、チェン溝を特殊工具により削りだした一枚ものプロ用ガイドバー、先端部は超硬合金(ステライト)が熟練技能者により一枚づつ丁寧にガス肉盛溶着されたHARD TIP構造。
軽量型(LIGHT WEIGHT) 
逆テーパー状にザグリされた穴に特殊硬質樹脂を埋め込んだダイアトップの軽量型。剛性をそこなうことなく16%~22%の軽量化を実現しています。
カービング用スタンダード(STANDARD)
最高級合金工具鋼SKS-51を母材に使用し、チェン溝を特殊工具により削りだした一枚ものプロ用ガイドバー、先端部は超硬合金(ステライト)が熟練技能者により一枚づつ丁寧にガス肉盛溶着されたHARD TIP構造。
カービング用軽量型(LIGHT WEIGHT)
逆テーパー状にザグリされた穴に特殊硬質樹脂を埋め込んだダイアトップの軽量型。剛性をそこなうことなく16%~22%の軽量化
特徴
・先端部は超硬合金(ステライト)の溶接品であり、ベアリング構造のスプロケットが無い
 →故障が少ない(仕事が中断しない)
 →少々、木に挟まれでも修正が可能
 →先端突っ込み切りが可能
 →チェンの張りが緩んでも外れ難い
 →グリス封入は不要(メンテナナンスが楽)

・ボディは1枚板のため、剛性が高い

・先端部でチェーンのサイドリンクと接触する滑り摩擦が生じる為、エンジン回転数がスプロケットノーズタイプに比べ10%程度低い。
メールでのお問い合わせはお問い合わせページへ お電話でのお問い合わせは0575-82-3061
▲ページのTOP へ戻る